海上運賃の単位【R/T(Revenue Ton)】の計算方法

スポンサーリンク

海上運賃の見積りの際、よく目にするのが 「Ocean Freight : USD~~ / RT」という単位。

RTってどういう単位?どうやって計算するの?という疑問を今回は解消します。

スポンサーリンク

R/T(Revenue Ton)とは?

R/T(Revenue Ton)はレベニュートンと読みます。

海上LCL輸送で使われることが多い単位です。

輸送する貨物の重量(kg)と容積(M3)を比較する際、1M3=1t(トン)と換算して、いずれか大きい値を採用します。

実務では、R/Tの代わりに「W/M」=Weight or Measurementという表現をすることもありますが、重量か容積で大きいほうを採用するという意味でR/Tと同義です。

実例を用いた計算例

R/Tの意味が分かったところで、実例を用いて計算してみます。

R/Tの計算例

以下3pcの貨物を輸送するとします。

Ocean Freight:USD50.00/RT

貨物① 1.5M3 40kg

貨物② 2.0M3 100kg

貨物③ 0.5M3 10kg

合計  3.0M3 150kg

この場合、3.0M3=3t(3,000kg)と150kgを比較しますので、値の大きい3.0M3を採用し、R/T=3.0となります。

すなわちOcean Freightは

USD50.00 x 3.0RT = USD150.00です。

計算自体は簡単ですね。

輸送する貨物によりますが、一般的にはM3の値のほうが大きくなることが多く、これを「容積勝ち」といいます。

また輸送業者もある程度の採算はとらなければなりませんので、実際は計算とは別にMinimum運賃を設定していることが多いです。

「1RTに満たない場合は1RTを基準にする、等。」

まとめ

今回は貿易で頻繁に使われる「R/T」レベニュートンに関してまとめました。

「単位の意味を分からないまま運賃の試算をしてしまい、想定の倍の請求が届いた」なんてことにならないよう、正確に理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました