【これだけで何とかなる】英語の電話対応ができるようになる定番フレーズ【ビジネス英語】

スポンサーリンク

「はい、お電話ありがとうございます。○○商事でございます。」

「ーーHello, This is John from ××corporation.ーー」

「、、、ハ、ハロー?」

会社の電話に出たら海外からの電話であたふたしてしまった。

どうやって対応したらいいか分からない。

海外に電話を掛けないといけないけどまず何て言えばいいのだろう?

英語での電話対応に苦手意識を持っている社会人の方は多いです。そこで今回は、これだけ覚えておけば何とかなる、英語の電話対応で使える定番のフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

パターン① 電話を受ける

電話を取る時

Hello, ○×Corporation. How can I help you?

こんにちは、○×会社です。ご用件を承ります。

相手の名前を確認する時

I’m sorry, who’s this?

May I ask who’s calling?

どちら様でしょうか?

他の担当者に繋ぐ時

I’ll transfer you to our sales department.

営業部へお繋ぎいたします。

担当者が不在の時

I’m sorry, he isn’t here at the moment.

I’m sorry, he is not available.

申し訳ございませんが、彼は席を外しています。

I’m sorry, he is away now.

彼はただいま外出中です。

連絡先を聞く時

May I have your name and phone number please?

お名前とお電話番号教えていただけますでしょうか。

電話を一時的に保留にする時

Just a moment, please.

Hold the line, please.

少々お待ちください。

電話の声が聞こえにくい時

I’m sorry I can’t hear you so well.

申し訳ございませんが、よく聞こえません。

I’m sorry the connection is not good.

申し訳ございませんが電波が悪いようです。

聞き取れない時

Could you say that again, please?

もう一度お話しいただけますか?

Could you speak more slowly?

もう少しゆっくり話していただけますか?

伝言を聞く時

Would you like to leave a message?

伝言を残しますか?

電話を切る時

Thank you so much for calling. Goodbye.

お電話ありがとうございます。失礼いたします。

パターン② 電話を掛ける

電話口で名乗る時

Hello, This is Tanaka from ○× Corporation.

こんにちは、○×会社の田中です。

担当者に繋いでもらいたい時

Can I speak to James, please?

Jamesさんはいらっしゃいますか?

不在相手の都合を確認する時

When is he coming back to the office?

いつ頃会社に戻られますか?

伝言を残す時

Can I leave a message?

May I leave a message?

伝言お願いしていいですか?

折り返しを依頼する時

Could you ask him to call me back, please?

折り返しお電話くださるようにお伝えいただけますか?

再度かけ直すとき時

I’ll call back later, Thanks.

後ほどかけ直します。

電話を切る時

Thank you for your time. Have a nice day.

お時間ありがとうございました。失礼いたします。

まとめ

今回は最低限の電話応対のために必須のフレーズをまとめました。

英語が苦手でもこれだけ覚えていればスムーズに対応できると思いますので、深く考え込まず丸暗記するつもりで確認してみてください。

またさらに英語力を向上させたいという方は、オンライン英会話がおすすめです。様々な無料レッスンが体験できますので詳しくは以下ページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました