海上運賃の単位【R/T(Revenue Ton)】の計算方法

スポンサーリンク

海上運賃の見積りの際、よく目にするのが 「Ocean Freight : USD~~ / RT」という単位。

RTってどういう単位?どうやって計算するの?という疑問を今回は解消します。

スポンサーリンク

R/T(Revenue Ton)とは?

R/T(Revenue Ton)はレベニュートンと読みます。

海上LCL輸送で使われることが多い、貨物の大きさを表す単位です。

なぜ貨物輸送ではこのような見慣れない単位を使用するのでしょうか?

輸送貨物には、サイズは小さいが重量が大きい金属の塊のようなものから、逆にサイズが大きくスペースがかさむが重量が小さい綿のようなものまで様々です。

仮に輸送運賃の計算基準が重量だけで決まる場合、トラックの荷台くらい大きな段ボールにフワフワの軽い綿を詰めて輸送したとすれば、計算上は輸送運賃は超安価となり、輸送業者は利益を得られません。逆もまた然りです。

このような様々な貨物の性質を考量した上で、輸送業者と利用者相互にバランスの取れた輸送費用の計算をするために定められている単位がR/Tです。

具体的には、輸送する貨物の重量(kg)と容積(M3)を比較する際、1M3=1t(トン)=1,000kgと換算して、いずれか大きい値を採用します。

実務では、R/Tの代わりに「W/M」=Weight or Measurementという表現をすることもありますが、重量か容積で大きいほうを採用するという意味ではR/Tと同義です。

実例を用いた計算例

R/Tの意味が分かったところで、実例を用いて計算してみます。

R/Tの計算例

以下3pcの貨物を輸送するとします。

Ocean Freight:USD50.00/RT

貨物① 1.5M3 40kg
貨物② 2.0M3 100kg
貨物③ 0.5M3 10kg
——————————-
合計  4.0M3 150kg

この場合、4.0M3=4t(4,000kg)と150kgを比較しますので、値の大きい4.0M3を採用し、R/T=4.0となります。

すなわちOcean Freightは

USD50.00 x 4.0RT = USD200.00です。

計算自体は簡単ですね。

輸送する貨物の性質によりますが、一般的にはM3の値のほうが大きくなることが多く、これを「容積勝ち」といいます。

また輸送業者もある程度の採算はとらなければなりませんので、実際は計算とは別にMinimum運賃を設定していることが多いです。

Minimum : 1.0R/T といった注意書きがある場合がありますので、しっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

今回は貿易で頻繁に使われる「R/T」レベニュートンに関してまとめました。

「単位の意味を分からないまま運賃の試算をしてしまい、想定の倍の請求が届いた」なんてことにならないよう、正確に理解しておきましょう。

▽▽こちらの記事もおすすめ▽▽

▽▽貿易事務初心者におすすめ▽▽

貿易実務
スポンサーリンク
スキルのメモ帳
タイトルとURLをコピーしました