海外からの電話でメールアドレスを正確に伝える方法

スポンサーリンク

急な海外からの電話に対応できない。

とりあえずメールアドレスだけでも相手に伝えてメールでやり取り出来たらなぁ。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 海外からの電話に英語で対応できない
  • 英語で自分のメールアドレスを正確に伝えたい

国際関係の部署に所属しているとかかってくる海外からの電話。

日ごろから業務で英語を使う人でその手の対応に慣れているという人なら問題ないですが、社会人になりたてで英語の電話対応に慣れていない新社会人の方、貿易事務等の国際関係の業務をするもの日常的に英語を使わない方にとっては対応が難しいものです。

英語の電話対応が慣れてないまま電話でやり取りと進めるのは危険です。内容によっては、言った言ってないのトラブルに後々発展するリスクもあります。

電話で対応が無理だ!となれば、まずはメールで要件を伝えてもらうようにしましょう。

そこで今回は、海外からの電話で自分のメールアドレスを伝える方法についてまとめました。

スポンサーリンク

スペリングアルファベットを使う

英語で電話がかかってきたものの対応が出来ない!となった場合は、メールで要件を送ってもらうように伝え、こちらのメールアドレスを電話口で伝えます。

この際注意しなければならないのは、メールアドレスのアルファベットの伝達ミスです。

国際電話の場合、音声が乱れて、日本語であっても聞き取りにくいといった状況がよくあります。その中で使い慣れない英語で会話しようとすると、アルファベットを伝えるだけでも中々難しく感じます。

スペリング・アルファベットとは

英文字を正しく与える方法として『スペリング・アルファベット』が有効です。

例えば「菊池さん」という方が電話で自分の名字を伝える時に「菊の花のキクに池(イケ)」ですと伝えると「菊地」ではなく「菊池」と正しく伝わります。

このように、一般的に双方が理解できる単語から言葉を連想する方法をアルファベットに落とし込んだものが『スペリング・アルファベット』です。

スぺリング・アルファベットでは「A for Apple」や「A as Apple」とように「~ for / as ○○」と表現します。

スペリング・アルファベットの使い方

前提として、双方が理解できる単語で使わなければなりません。

「~ for / as ○○」の「○○」には誰もがイメージできる単語を使います。

また、使う単語は伝われば何でもOKです。実際に電話で色々な人のパターンを聞いていると使っている単語は様々です。業界によっても特徴はあるのかもしれませんが、私が勤めている貿易関係では、国名で表現することが多いです。

おすすめは、発音に難がなく伝わりやすい単語です。

参考までに私が使うリストを記載します。

アルファベット英単語
AApple
BBrazil
CChina
DDog
EEgg
FFrance
GGermany
HHouse
IItaly
JJapan
KKorea
LLondon
MMyanmar
NNorway
OOrange
PPicture
QQueen
RRussia
SSpain
TThai
UUmbrella
VVietnam
WWeather
XX-ray
YYellow
ZZebra

記号の発音に注意

メールアドレスにはアルファベットだけでなく『@』や『-』『.』などの記号も混在しています。これらの記号も相手に確実に伝えられるようにしましょう。

発音の仕方は以下の通りです。

  • 『@』:アット
  • 『-』:ハイフン、ダッシュ
  • 『.』:ドット

@』は日本語では「アットマーク」といいますが、国際的には「アット」という事が多いです。発音は英単語『at』のように言えば間違いなく伝わります。

』はそのまま日本語と同じように「ハイフン」と言ってもいいですが、英語での発音に自信がない方は「ダッシュ」と言ったほうが確実です。

「ハイフン」はhyphenのPHの発音が難しく、伝わりにくいです。

.』は「ドット」でOKです。末尾で『.com』などで使うことが多いと思いますので、その場合は「ドットコム」と一単語のかたまりとして発音すればスムーズに伝わります。

まとめ

  • アルファベットはスペリング・アルファベットを駆使して伝えよう
  • 『@』や『-』の伝え方も注意

▽▽若手社員にはこちらもおすすめ▽▽

Outlook操作を短縮!ショートカット集
転職サイトなら【MIIDAS(ミイダス)】無料会員登録
グロービスのビジネス動画が見放題
【無料体験ができる!】おすすめオンライン英会話まとめ

タイトルとURLをコピーしました